Search
By category
Detail search

You are here

資料紹介

お正月に耳にすることの多い楽曲、「春の海」(宮城道雄作曲)。
昭和5年の歌会始の勅題「海辺の巌」に因んで作曲されたもので、宮城が瀬戸内海を旅行した際の印象が織り込まれています。
原曲は箏と尺八の合奏ですが、箏とヴァイオリン、ピアノとフルートなどの編曲版もよく知られています。

Japanese

「くるみ割り人形」は、チャイコフスキーによる美しい音楽とファンタジックなストーリーで子供も大人も楽しめるバレエ作品です。
音楽資料室で所蔵している資料の中から、映像作品の一覧と関連図書をご紹介いたします。

Japanese

今年が没後40年のピアニスト グレン・グールド。音楽資料室では多数の資料を所蔵しています。今回は特にグールド本人の著作や発言集をご紹介いたします。

Japanese

CDやLPのジャケットには、印象的なデザインのものが多くあります。
たとえば、マーラーの録音ジャケットには、しばしば同時代の美術のイメージが使用されました。クーベリック指揮/バイエルン放送響のマーラー交響曲全集(LP)では、クリムトの絵画の装飾的な部分をクローズアップしたものを使用しています。

レコードジャケットのデザインを取り上げた図書も複数所蔵しています。クラシックはもちろん、ポピュラー音楽を扱う資料もありますので、思い出のレコードジャケットとの再会もあるかもしれません。

今回ご紹介する資料は7月のツイッターでもご紹介しています♪

Japanese

「日本文学と音楽」に関する資料は、の他にも、このようなものを所蔵しています。
※資料詳細画面の目次ボタンをクリックすると、目次情報が見られるものもあります。 

Japanese

東京文化会館公演情報誌「音脈」Vol.87(2022年6月発行)の音楽資料室のページでは、日本文学と音楽の関わりという視点から、特に三島由紀夫作品の関連資料4点をご紹介しています。

Japanese

ひとつの舞台を作り上げるためにはたくさんの人たちが関わっています。舞台衣装、照明、楽器の運搬、ステージマネージャーなど、舞台を支える仕事についての図書を紹介します。

Japanese